至急 お金 借りる

サラ金は総量規制対象外ですか?

サラ金は、一般には消費者金融や信販会社のキャッシングのことをいいますので、総量規制の対象となっていると考えられます。
総量規制は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などを規制する「貸金業法」という法律に定められているものです。
貸金業法に基づくサラ金は、すべて総量規制の影響がありますので、融資の上限額に制限があります。
総量規制の基本的な内容について理解し、自分に合ったキャッシングを選ぶようにしましょう。

 

総量規制の基本について

 

総量規制は、貸金業者による過剰な融資を制限するために設けられているものです。
2010年6月18日に施行された改正貸金業法で、貸金業者が融資をする際、残高の合計が年収の3分の1を超えてはならないことに決められました。
たとえば、毎月10万円のパート収入がある主婦は、年収120万円の3分の1、つまり、40万円がサラ金から借りれる上限額となります。
年収の3分の1を超える融資が必要なときは、サラ金ではなく、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶようにしてください。

 

銀行カードローンの融資の上限額

 

銀行は、貸金業法の規制を受けていませんので、独自の審査基準によって、年収の3分の1を超える融資が行われています。
高額融資が必要になっている方はもちろん、本人の年収がない専業主婦が利用できるサービスもあります。
自動車の購入や住宅のリフォームといった高額融資にまで対応できますので、目的ローンの代わりとして利用することも可能ではないでしょうか。

 

証明書不要で申し込めるカードローン!

 

サラ金からお金を借りる場合は、希望額が50万円を超えるときに収入証明が必要になります。
証明書を用意する時間がないときは、総量規制対象外を選ぶのがおすすめです。
総量規制対象外なら100万円程度までなら、運転免許証などの本人確認書類だけで申し込めるケースがほとんどだからです。
証明書不要で申し込めるサービスを選べば、今すぐにでもカードの申込みができるのではないでしょうか。